所有者名義が自分ではなく、ディーラーや信販会社になっているときは?
 

廃車にしたい車の名義があなた本人ではなく、ディーラーや信販会社名義になっていることがあります。

これは自動車ローンで車を購入したときにはこのようなケースがよくあり、決して珍しいことではありません。

この場合、あなた本人の意志だけで勝手に廃車にすることはできません。
なぜならその車はあなたが管理し乗っていますが、持ち主はあくまで所有者であるディーラーや信販会社だからです。

なんらかの事情(ほとんどの場合は自動車事故や盗難だと思われます)でその車を廃車にしたい、または廃車にしなければならないような場合はまず最初に車の所有者に連絡してその旨を伝えなければなりません。

所有者が廃車にすることを認めてくれたら大丈夫ですが、そうでないとかなり厳しい現実が待っています。

ローン完済まで廃車を認めないというケースもあります。

たとえば、ローンが残っている車で事故を起こし、運悪く全損扱いになってしまった時などが一番やっかいなケースです。自動車保険で損害額を保障される場合は良いのですが、そうでない場合は非常につらい。

まず、もうどうにも動かない車であるにも関わらず永久抹消登録することができないので、このままでは毎年自動車税・重量税がかかってきます。

そしてその車を保管する場所、駐車場も必要になります。

しかし、抹消登録ができなくても車の解体だけは認めてくれる場合もあります。
(もちろん、廃車そのものを認めてくれるケースもあります)

とにかく名義が自分以外の場合は最初に所有者に連絡を取ってこれらどうするかを相談することが第一です。


      よくある廃車のギモン
   他県ナンバーが付いている車の廃車
   車の所有者が死んでしまった・・・
   ローンが残っている時の廃車は?
   自動車税が未納になっている
   車検が切れた車の廃車
   所有者がディーラー・信販会社