車検が切れた車の廃車はどうすればいい?
 

車検が切れた車でも問題なく廃車にすることは可能です。

永久抹消登録(いわゆる廃車)の手続きを運輸支局で行う際に、その車の車検証を提示する必要がありますが、このときに車検が残っている・切れているは問題になりません。

むしろ問題になるのは、車検が切れていると公道を自走できないことです。

解体による永久抹消登録では必ず解体業者によってその車を解体処分してもらう必要があります。

自動車販売店(ディーラー)、中古車販売店、自動車整備工場など車引取り業者に車を引き渡し、そこからさらに解体業者に車が渡されて解体処理が行われます。

これが必ず必要になります。

車の引き渡しは、上記の車引取り業者へ持ち込むのが一般的(自走で持って行けば引取りに掛かる費用が掛かりません)ですが、車検が切れている車の場合、そのままでは公道を自走することができません。

この場合、車を引き渡すために考えられる方法は2つあります。

  1. 業者に取りに来てもらう
  2. 仮ナンバーを取得して自走でもっていくです。


      よくある廃車のギモン
   他県ナンバーが付いている車の廃車
   車の所有者が死んでしまった・・・
   ローンが残っている時の廃車は?
   自動車税が未納になっている
   車検が切れた車の廃車
   所有者がディーラー・信販会社