ローンが残っている車を廃車にしたい
 

廃車にしようと思っている車にローンが残っている場合、ポイントになるのは所有者の名義です。

ローンで購入した車の場合、所有者の名義がローン会社・信販会社、販売店になっている場合と、あなた本人になっている場合の2パターンがあります。

所有者がローン会社・信販会社、販売店(ディーラー)の場合

自動車ローンで車を購入すると、車の所有者がローン会社・信販会社や販売店(ディーラー)名義になっていることがよくあります。

これはもしローンを完済できなかった時のリスクヘッジのためです。

このように、あなた以外の名義になっている車の場合、あなただけの一存では車を廃車にすることはできません。あくまでその車の持ち主は所有者であるローン会社や販売店のものだからです。

所有者が廃車にしてもOKといえばできますが、そうでなければできません。

ですから、廃車にしたいのであればまず最初に所有者に連絡して確認をとる必要があります。

自動車ローンの場合、長くても5年くらいのローンを組む方がほとんどのはずです。
よほど年式の古い中古車でも無い限り、廃車にしたいは自動車事故であることが大半です。

事故で大ダメージを受けて、もう動かない、もしくは、修理するよりも新車を購入した方が良いと判断できそうなときは廃車にしたいと思うことでしょう。こんな時はスグに所有者に連絡をして下さい。

所有者もどうしても動かないような車であれば廃車にした方が得策だと判断すれば廃車にすることを了承してくれるはずです。

ただし、車を廃車にしたからといって車のローンが無くなるわけではありません。
車はなくなってもローンだけは払い続けなければならなくなると言うことだけは忘れないでください。

そのようなことにならないためにも、ローンで車を購入するときには自損事故も補償する保険に加入しておくのが良いと言えます。そうすればあなた本人がぶつけられた事故だけでなく、あなたの不注意などによる自損事故で車が廃車になってしまっても保険により大部分が保障されることになります。

所有者が自分自身の場合

ローンが残っていようと所有者の名義が自分自身であれば誰の許可を取ることもなく自分自身の意志で廃車にすることができます。


      よくある廃車のギモン
   他県ナンバーが付いている車の廃車
   車の所有者が死んでしまった・・・
   ローンが残っている時の廃車は?
   自動車税が未納になっている
   車検が切れた車の廃車
   所有者がディーラー・信販会社