事故車買取査定
 
事故車を買取りというのは、年式が古くなっても値段がつくことが多いので、低年式の車でもあきらめずに査定を依頼しましょう。ではなぜ古い車でも買取ってくれるかと言うと理由は2つあります。一つはパーツとしての価値があるからです。年式の古い車でも、中古部品としての需要はあります。そのため車自体は査定金額が0円でも、部品取り車としての価値があります。

もう一つは輸出の規制に関することですが、海外に輸出するにはその国々の規制をクリアしなければなりません。国によっては年式によって、いろいろな規制や関税を設けている所が多く、古い車ほど輸出するのに有利な国もあります。

例えば製造から何年以上たっている車に関しては関税はかからない国もあり、そういう国に輸出する業者は古い車でも喜んで買取ってくれるのです。ですから事故した車が年式が古くても、あきらめずに必ず事故車買取に出してみましょう。

事故車を廃車処分するのにむしろ料金がかかる、処分料金があるので査定金額が付けられない、などといわれたことがある人、任意保険で車両保険をかけていなかったからどうしたらいいのか分からない人、修理するお金を使うならばいっそのこと違う車に乗り換えたい人、そういう人は事故車専門に買取を扱っている業者に査定の依頼をしてみましょう。

事故車買取してくれる業者ならば、たとえ車がどんな状態になっても査定してくれるところがありますよ。例えば、川にはまってしまって車内が泥だらけだったり、盗難にあって発見された時には内部のパーツがめちゃめちゃになっていたりする車でも、使える部分があると判断されれば事故車でも買取してくれます。最悪の場合査定が0円と言われても、廃車処分する料金のことを考えればマイナスにはならないのでやってみる価値はあと思います。


      事故車の廃車の手続き
   事故車買取査定
   使える部品はどうする
   廃車届けの種類
   廃車で損をしない業者の選び方
   中古車販売業者に引き取ってもらう