自分で外車の抹消手続をする場合
 
車が使用不能になったり、使わなくなった場合に車を処分する廃車の際や、長期出張等で長期間車に乗らない場合等にも一時的に抹消手続きをします。


抹消には、解体屋さんでスクラップにして、2度と使用できないように車を処分する抹消(道路運送車両法第15条)と、長期の海外出張などに使用を一時的に停止する抹消(道路運送車両法第16条)の2種類があります。抹消の種類によって、手続きの際に必要な書類が変わってきます。


解体屋さんなどで車を二度と利用できないようスクラップにして処分してもらった場合、解体屋さんから「移動報告番号」が通知されます。


「移動報告番号」は抹消手続きの際に利用しますので、保管しておきましょう。 抹消後も再登録をすることで、再び車の使用ができるようになるなります。


車の使用を一時的に停止するためには、陸運局での手続きが必要で、手続きを行うと「一時抹消登録証明書」をもらえます。再登録の際に必要となりますので、保管しておきましょう。


実際に自分で手続きができるか不安な方もいるでしょうが、「必要書類」さえ揃っていればそれほど難しいことはありません。書類への記入の仕方はサンプルがありますし、もし分からないことがあっても窓口の人に聞けばいいだけですから。


また陸運局(軽自動車検査協会)の近くに行けば分かりますが、行政書士の事務所が多く見られ(運転免許証センター近くに写真屋さんが多くあるのと似ています)、やはり素人では難しいのかなと不安に思うかもしれませんが、まったく問題なく自分でできますので、自分で手続きをやってみましょう。


      外車の廃車手続き
   外車の定義
   外車って廃車できるの
   抹消手続を委任する場合
   自分で抹消手続をする場合
   一時抹消登録と解体届けをする場合