外車って廃車できるの
 
日本で登録して日本のナンバープレートを付けて、日本の道路を走っていた車なら外車でも他の国産車と同じ手続きで廃車できます。車を廃車にするためには、解体業者に持って行き、そこでスクラップにしてもらい、その後に陸運局(軽自動車は軽自動車協会)に行き廃車の手続きをします。


順番は逆でも大丈夫ですが、必ず手続きをしなければ廃車にしたことにはならない点に注意してください。さらにこの廃車 手続きには、永久抹消登録と、一時抹消登録の2種類あります。


永久抹消登録は、もう二度とその車に乗らないときにする廃車で、一般的に言う廃車がこれに当ります。車手続きに必要となる書類は、中古車新規登録を行う事により再度自動車を使えるようにできる一時抹消登録か、自動車をスクラップにして二度と使用できないようにする場合の永久抹消登録を行うかによって違いが生じます。自分で廃車手続きを行う場合は特にそれぞれの廃車手続きに必要な書類を確認して間違わないように注意しましょう。


車検証(自動車検査証)車検証はどちらの廃車手続きを行うにも必要です。


抹消登録申請書(OCRシート)このOCRシートには違いがあります。一時抹消登録の場合、第3号様式の2、永久抹消登録の場合、第3号様式の3のOCRシートが必要です。


手数料納付書は一時抹消登録の場合、自動車検査登録印紙350円を貼付します。永久抹消登録の場合には無料です。リサイクル料金預託証明書は永久抹消登録のみ必要です。


      外車の廃車手続き
   外車の定義
   外車って廃車できるの
   抹消手続を委任する場合
   自分で抹消手続をする場合
   一時抹消登録と解体届けをする場合