外車の定義
 
一般に「外車」と言われる車は海外のメーカーの車、日本のメーカーが海外仕様で造った車の2種類です。いずれも、仕様が日本とは違いますので、排気ガス規制のパーツや、エアコン装備の内容、電気系統の配線の問題など、メンテナンスや車検など、ランニングコストが、国産車に比べて高いというのが「外車」です。しかし、車両登録に関しては、国産車も外車も変わりありません。正規に輸入された車であれば、廃車時にも何も問題はなく、手続きも国産車同様です。


外車とはつまり輸入車のことで、日本の国外で生産され、日本に輸入された車のことです。外車のシンボルといえば左ハンドルです。日本では、言わずもがな、自動車は左側通行をすることが道路交通法によって定められています。しかし、日本では一部の外車が左ハンドル仕様のまま販売されています。これは、左ハンドルに対して、高級外国車を見出している日本独自の現象です。


そのため、外車の販売元がそれに合わせて対応しているのです。しかし、2000年代に入ってからは、外車の8割強が右ハンドル車であり、左ハンドル車の外車の輸入をおこなっていない車種も非常に多くに上ります。未だに、「外車は左ハンドルであるべき」という信仰も根付いているため、スポーツカーや高級車では、左ハンドル仕様のみ輸入されている外車もあります。


また、中古車販売でも外車を専門にしているところはあります。ただ、外車は国産車と比べ、故障が多いとか、またそういったトラブルの際の修理が面倒といったイメージがあり、特に中古車では、あえて外車を購入しようと考える人はあまり多くありません。


      外車の廃車手続き
   外車の定義
   外車って廃車できるの
   抹消手続を委任する場合
   自分で抹消手続をする場合
   一時抹消登録と解体届けをする場合