解体業者の選び方
 
下取りとは新車や中古車を買うときに、今まで使っていた車を車屋に引き取ってもらうことです。


年式の新しい車なら買い取ってもらうことも可能ですが、廃車は下取りしてもらえないと思った方がよいでしょう。使用年数10年以上の車、走行距離10万キロ以上の車、傷・凹みがあり、修理するのにお金がかかる車、事故車・故障車等は、中古車として流通しないので取り扱っていません。


それよりもむしろ、車を解体した方がお金が戻ってくることもあります。


車検が残っている車の場合、きちんとした抹消手続きを行なえば、買取り店さんで車を買い取ってもらうよりもお金が戻ってくるケースがあります。自動車解体業者には、自動車解体専門の業者は単に解体するだけでなく、部品のリサイクルにも力を入れている業者、取り外した部品を国内だけでなく海外にも販売している業者があり、扱う部品の幅が広くなれば、その分、廃車料金を安くしてもらえる、または買取りしてもらえる可能性が高くなります。


廃車した車を解体業者がどのような形で処理しているのかをきちんと説明してくれる会社にまず廃車の引き取りについて問い合わせてみましょう。


例えば、年式が古い、走行距離が8万kmを超えている、傷や凹みがあって修理が必要、あるいは事故車・故障車などの場合、 ディーラー、自動車販売店、 修理業者などに下取り、買取りあるいは廃車処理を頼んでも、結局は自動車解体業者のもとへ回されることになり、高い中間手数料を支払うことになってしまいます。


      大型車の廃車手続き
   大型車の定義
   大型車の永久抹消登録の手続き
   大型車の一時抹消登録申請の手続き
   大型車の廃車手続きをする場所は
   大型車の解体業者の選び方