大型車の廃車手続きをする場所は
 
車を廃車にするためには、解体業者に持って行きスクラップにしてもらい、その後に陸運局(軽自動車は軽自動車協会)に行き廃車の手続きをします。順番は逆でもいいですが、必ず手続きをしなければ廃車にしたことにはならない点に注意しましょう。さらに廃車手続きには、永久抹消登録と一時抹消登録の2種類あります。


永久抹消登録は、もう二度とその車に乗らないときにする廃車で、一般的に言う廃車がこれに当ります。一時抹消登録とは、何らかの理由で長期間車に乗らないときにする廃車方法です。普通自動車の書類上廃車手続きは、国土交通省がとりまとめている全国にある運輸支局が実施しています。軽自動車の書類上廃車手続きは軽自動車検査協会で実施されており、所在地は運輸支局と異なる場所にあります。


登録自動車のナンバープレートまたは住民票がある運輸支局や軽自動車検査協会で廃車手続きを行うことができます。記入方法はサンプルがあり、わからない事は窓口で聞くことができます。


抹消登録手続きを行う業者や行政書士がいて費用は2千から1万円くらいですが、専門家に依頼するほど難しい書類ではありません。永久抹消登録を行う場合は解体届が必要となりますので、自動車を解体してもらう解体業者も必要です。


または面倒くさい方は業者や行政書士に抹消登録手続きを依頼するのも選択肢の1つです。費用は業者や行政書士によって異なりますが、抹消登録手続きの費用は2,000~10,00円が相場のようです。陸運局(軽自動車検査協会)近くの行政書士が比較的安いようです)。


      大型車の廃車手続き
   大型車の定義
   大型車の永久抹消登録の手続き
   大型車の一時抹消登録申請の手続き
   大型車の廃車手続きをする場所は
   大型車の解体業者の選び方