大型車の一時抹消登録申請の手続き
 
まだ車を解体するかどうかわからないというときには、一時抹消登録をしておく必要があります。この場合には2度の申請(一時抹消登録申請と解体届出)が必要になります。


一時抹消登録(道路運送車両法16条抹消登録)は、海外出張・長期海外旅行・引越し・入院など在庫として長期間保管する場合に使用しない自動車に一時的に行う廃車手続きです。


日本国内の公道を走ることができなくなりますが、手続き時に交付を受ける一時抹消登録証明書を添付して再登録を行い、車検を受けると再び公道を走ることが可能となります。


費用は、手続きを自分で行う場合は350円です。(書類代は別途必要です。また、車検証の記載に変更のある場合は変更登録料350円が必要です。)預託済みリサイクル券は解体する際に必要となりますので大切に保管して下さい。軽自動車の場合は「軽自動車検査証返納確認書」は再登録する際に必要となりますので大切に保管して下さい。


例え自動車が自走可能でもナンバープレートを返納するので、運輸支局(軽自動車の場合は軽自動車検査協会)に乗っていく事はできません。


まだ車を解体するかどうかわからないというときには、さきにこの一時抹消登録をしておく必要があります。この場合には2度の申請(一時抹消登録申請と解体届出)が必要になります。


一時抹消登録をした後、「名義変更も輸出もしない、もう乗らない」という場合、解体後、廃車(抹消登録)することになると思います。この廃車手続きを解体届出といいます(手続き方法は一時抹消登録とほぼ同じです)。


      大型車の廃車手続き
   大型車の定義
   大型車の永久抹消登録の手続き
   大型車の一時抹消登録申請の手続き
   大型車の廃車手続きをする場所は
   大型車の解体業者の選び方