大型車の定義
 
平成16年6月に交付された道交法の一部を改正する法律により、車輌総重量5トン以上11トン未満の自動車が、新たに「中型自動車」として定義され、大型車は11トン以上の自動車ということになりました。


ただし、廃車の場合は業務用車両(緑ナンバー)や、「1」「9」などの特殊なナンバーの車両以外、手続きは普通自動車とまったく同じです。オートマしか乗っていないという人はもちろん、マニュアルの普通車に慣れている人でも大型車のギアチェンジは複雑だと言われています。


チェンジレバーを横に動かせる位置というのは、普通車では右、中央、左の3ヶ所、大型車の場合は、これが右、中央、ちょっと左、左の4ヶ所となり、かなり微妙な位置に決める必要があります。また、大型車のメーカーによってもギアのパターンが異なる場合があるので注意しましょう。


実際の大型車の試験車両でこんなギア初めて見たということでは実力を発揮できません。できれば練習の段階で、いろいろなギアパターンの大型車両に乗ってみることをおすすめします。かつての自動車免許には、大型免許と言う区分はなく、自動車免許を持っているだけで大型自動車相当の自動車を運転することができたが、1956年に大型免許と普通自動車免許に区分され、一定の規模以上の自動車は普通免許で運転することができなくなりました。


当時は18歳以上で普通自動車の運転経験がなくても直接大型から受験できたが、相次ぐ大型自動車の事故により、1967年試験方法を改正し、大型免許の受験可能年齢を20歳以上で、かつ普通免許あるいは大型特殊免許を取得後2年以上の運転経験をもつ者に限定することになったのです。


      大型車の廃車手続き
   大型車の定義
   大型車の永久抹消登録の手続き
   大型車の一時抹消登録申請の手続き
   大型車の廃車手続きをする場所は
   大型車の解体業者の選び方