軽自動車(自動車再登録の必要書類と流れ)
 
廃車にした軽自動車を再登録する際に掛かる費用と、その流れについて説明します。軽自動車の再登録は、廃車登録の時と同様、普通自動車と異なる方法で行われます。


廃車手続きを行った軽自動車を再登録する場合、登録会場は軽自動車検査協会となります。


始めに、軽自動車の再登録に必要な書類を挙げておきます。


申請書(OCRシート軽用2号書式)
  自動車税申告書 
自動車検査証返納証明書
自動車取得税申告書
自動車取得税申告書 
自賠責保険証明書 (車検有効期間があるもの)
軽自動車検査票
点検整備記録簿
自動車重量税納付書
印鑑証明(発行後3ヶ月以内)
実印
一時抹消登録証明書
自動車リサイクル券
車庫証明書


上記書類のうち、印鑑証明よりも上の書類は、全て手続きを行う会場で入手できます。


では、手続きの流れについて説明します。


1.車庫証明の取得
管轄の警察署で、車庫証明を発行します。受け取りまでに3~4日掛かります。
2.仮ナンバープレートの取得
管轄の市町村役所で、仮ナンバープレートを取得します。
3.書類を揃えて、管轄の軽自動車検査協会へ行きます。予め、車検の予約をしておくと良いでしょう。
4.会場で書類を入手し、作成を終えたら窓口へ書類を提出ます。
5.車検に合格し、車検証を受け取ります。
6.自動車税事務所で、軽自動車に関する税金の手続きをします。
7.ナンバープレートを購入し、取り付けます。


以上で、軽自動車の再登録が完了します。


最後に、軽自動車の再登録に掛かる費用を説明します。


新規検査手数料 1400円
ナンバープレート 約1500円 (値段は、地域やナンバープレートの種類によって異なります)
自動車税
自動車取得税 (自動車の取得に50万円以上掛かった場合に課税対象)
自動車重量税 (自家用:8000円 事業用:5600円)
登録手数料 100%円


上記の金額は、私が再登録した時の費用です。地域や車の状態によって、必要な金額はそれぞれ異なります。また、この他に自賠責保険やその他任意保険の費用が掛かる事を忘れないでください。実際に再登録をする際は、管轄の協会へ問い合わせて確認することをお勧めします。


      軽自動車の廃車手続き
   永久抹消登録 (必要書類と流れ)
   永久抹消登録手 (保険料の還付手続き)
   一時抹消登録 (必要書類と流れ)
   一時抹消登録 (保険料の還付手続き)
   自動車再登録 (必要書類と流れ)
   再登録に掛かる費用