軽自動車 自動車再登録(必要書類と流れ)
 
今回は、一時抹消登録した軽自動車を再使用する方法について説明します。軽自動車の手続きを扱う団体は、普通自動車とは別の団体です。よって、一時抹消登録した軽自動車の再登録方法も、普通自動車とは異なります。


それでは説明に入ります。
軽自動車の再登録に必要な書類は、下記の通りです。


申請書(OCRシート2号書式)
定期点検整備記録簿
軽自動車検査票
納税証明書
自動車取得税申告書
軽自動車税申告書
自動車重量税納付書
印鑑証明(発行から3ヶ月以内)
認印
自動車リサイクル券
一時抹消登録証明書
自賠責保険証明書


上記のうち、上から7つまでの書類は、管轄の手続き会場で取得できます。


その他、必要となる経費として以下の項目があります。


申請書類 約100円
自動車取得税 取得価格50万以上の場合、課税対象
軽自動車税
ナンバープレート代 約1500円
自動車重量税
車検手数料


手続きの前に、自分に必要な経費を調べておくと良いでしょう。


それでは、手続きの流れを説明します。


1.車庫証明を取得する
  管轄の警察署で車庫証明を取得します。発行には、3~4日掛かるでしょう。
2.仮ナンバーの取得
 自分の住まいの市町村で、仮ナンバープレートを取得します。
3.書類を揃える
  上記に挙げた必要書類と手続費を揃えたら、管轄の軽自動車検査協会へ行きましょう。
4.各印紙の貼付け
 手数料・重量税印紙を購入し、書類に貼り付けます。
5.車検の受付をする
 車検の前に、車検の窓口で書類をチェックしてもらいます。自動車リサイクル料金が未払いの場合、ここで支払います。
6.車検を受ける
 車検の各項目基準を満たせば、書類を提出できます。
7.車検証を受け取る
 窓口で書類を提出したら、車検証の発行まで待ち、車検証を受け取ります。
8.各自動車税の手続き
 自動車税事務所で、軽自動車税と自動車取得税の申請を行います。
9.ナンバープレートの取り付け
ナンバープレートを購入して車体に取り付ければ、手続きは終了です。


以上が、軽自動車の再登録手続きです。自動車の手続きとは異なる点が幾つかあるので、気をつけてください。手続きをスムーズに進ませるためにも、必要な書類や経費の準備は入念に行っておきましょう。


      軽自動車の廃車手続き
   永久抹消登録 (必要書類と流れ)
   永久抹消登録手 (保険料の還付手続き)
   一時抹消登録 (必要書類と流れ)
   一時抹消登録 (保険料の還付手続き)
   自動車再登録 (必要書類と流れ)
   再登録に掛かる費用