事故車でも価値があります
 
「・・・危ない!」そう思った時には、もう遅かった。それは、私が車を降りて休息を取っていた時の事。あろう事か、対向車が私の車を目掛けて、一直線に突っ込んで来たのです。止まる素振りも見せぬまま、その車は走り去って行きました。残されたのは相棒の亡骸。永久に使用不可能になってしまったのです。


次の日から、私はとてつもなく落ち込みました。長年連れ添った相棒が、ガレージで無残な姿を晒しているのです。途轍もなくショックでしたが、このままではいけないと思い、少し外へ出歩きました。家路に着き「ちょっとは気分も晴れたなぁ」とポストを覗くと、そこに一通の通知書が。その時期は丁度、自動車税の更新時期。その内容を見たとき、私は愕然としました。


「税金が掛かってる!?」


急いで友人に連絡すると「自動車は使わなくても税金掛かるからな。早いとこ廃車にしたほうがいいぞ」との事。そして、業者に依頼すれば、手軽に廃車登録が出来ることを知らされました。しかし、よくよく話を聞いてみると、手数料が掛かるとの事。事故に遭った上に、予想外の出費。何ということでしょう…。


落ち込み気味の私の声を察したのか、友人は、もっと安く廃車に出来る方法を教えてくれました。その方法は、自分で廃車手続きをすれば、少し手間は掛かるものの、安く出来るとの事でした。そして私は、自分で廃車手続きをする事に決めたのです。


廃車に関して、私自身が調べた事、経験した事を、当サイトには掲載しております。自分で廃車にする方法に興味がある方は、是非とも当サイトを参考にして下さい。


      廃車の基礎知識
   事故車でも価値があります
   廃車手続きの基礎知識
   所有権の確認
   自動車リサイクル料金
   自分で廃車登録をした際の費用総額目安
   業者に頼んで廃車登録をした際の費用総額目安