Content on this page requires a newer version of Adobe Flash Player.

Get Adobe Flash player

HOME   |    廃車Q&A   |    廃車の流れ   |    廃車の基礎   |    自動車税   |    問合せ   |    会社概要   |    リンク      
廃車完全無料! 見積簡単! 無料査定! 全国廃車出張引取費用、廃車手続き費用自動車解体費用すべて無料でいたします
    2つの廃車方法 - 永久抹消登録と一時抹消登録


廃車には2つの方法があります。、「永久抹消登録」と「一時抹消登録」
永久抹消登録は一般的な廃車のイメージ通り、その車を二度と使えなくする方法です。
車をスクラップ・解体して車籍(車の戸籍のようなもの)を完全に抹消します。
これに対して、一時抹消登録は車の使用を一時的に止める方法です。
一時抹消登録をしている間はその車を公道で走らせることはできませんが、再度登録の申請を すればまた公道を走らせることができます。

永久抹消登録

永久抹消登録は、その車を二度と使えないように、車籍を完全に抹消する廃車の方法です。
道路運送車両法の第15条に定められているため、別名「15条抹消」とも呼ばれます。
普通自動車の場合、永久抹消登録の手続きは運輸支局で行う必要があります。
手続き完了後には、永久に日本国内でこの車を走らせることができなくなります。
※尚、軽自動車については、軽自動車検査協会にて「解体届」を行ないます。
車を倉庫や展示品などとして再利用するときにも、永久抹消登録をしなければなりません。

一時抹消登録

一時抹消登録とは、自動車の使用を一時的に止める廃車方法のことです。
抹消登録をしている間は、その自動車を走らせることはできませんが、使うときが来たら中古車 新規登録の申請をすれば自動車を走らせることができます。(別名、16条抹消と呼ばれています。)
一時抹消登録をしている間は税金や自賠責保険などを支払う必要がありません。
ですから、海外出張に行く場合や、長期入院をする場合、自動車をいったん保管する場合など長期間に わたってその車を使用しない場合は、一時抹消登録をしておくと良いでしょう。
このように、一般的に「廃車」と言われている言葉にも2つの意味合いがあります。
あなたは永久抹消登録、一時抹消登録のどちらをしたいのかを最初に確認しておく必要があります。

永久抹消登録の手続きと流れ

1.自動車を引き取ってもらう
車体を引き取ってくれる業者(解体業者リサイクルファクトリー)へ連絡し、自動車を引き取って もらいましょう。
自動車が動く場合は、自分で運転をして業者まで持っていけば、その分だけ費用が安くなります。
また、動かない場合でもあなたの家まで引き取りに来てもらうことができるので、心配はいりません。
自動車を引き取ってもらう際に、自動車リサイクル料金が未払いの場合は、この段階で料金を支払う必要があります。
手続きが完了したら「使用済自動車引取証明書」という解体日とリサイクル券番号等が記載された書類と、 車体から取り外されたナンバープレート(2枚)を受け取ります。

2.廃車の手続きに必要な書類を準備
普通自動車を廃車にするときに必要な書類を準備。
(必要となる書類はコチラから) 廃車にしたい車の所有者の名義があなたと違う場合や、廃車する車の登録先と現住所が違う場合などには、 必要な書類が変わりますので、どんな書類が必要なのかをしっかりと確認しておく必要があります。

3.運輸支局への手続き
近くの運輸支局に行き、抹消登録手続きをします。
※軽自動車を廃車にする場合には「軽自動車検査協会内」に行かなければなりません。運輸支局ではありませんので、注意しましょう。
運輸支局で準備する書類の書き方は、運輸支局で丁寧に教えてもらえるので、その指示に従って記入すれば問題ありません。

4.ナンバープレートの返納
(1)でもらったナンバープレートを返納窓口に持っていきます。

5.抹消登録証明書受取る
全ての書類が準備でき、ナンバープレートも返却したら、これで廃車の手続き(永久抹消登録)が完了です。
廃車ができた証明として「抹消登録証明書」が貰えます。

一時抹消登録の手続きと流れ

1.必要書類を準備
一時抹消登録に必要な書類を確認し、書類を準備してください。 (一時抹消登録に必要な書類はコチラ)

2.ナンバープレートも車から外す
ナンバープレートを車から外す必要があります。基本的には、解体業者や整備工場などの業者に依頼をして、 ナンバープレートを外してもらいます。

3.運輸支局へ行く
書類とナンバープレートの準備ができたら、運輸支局に行き抹消登録手続きをします。

4.手数料の納付
手数料(350円)を収入印紙で支払うことになります。
提出書類に収入印紙を貼らなければいけないのですが、収入印紙も運輸支局で販売をしていますので 事前に別のところで準備しておく必要はありません。

5.ナンバープレートの返納
返納窓口に持ってきたナンバープレートを渡してください。

6.一時抹消登録証明書を受け取る
全ての書類が準備でき、ナンバープレートも返却したら、これで一時抹消登録の手続きが完了です。
廃車ができた証明として「一時抹消登録証明書」が貰えます。
※「一時抹消登録証明書」は、再度自動車の登録をする場合や、永久抹消登録をするときに必要となりますので、 必ず大切に保管しておきましょう!
一時抹消登録が完了すれば、抹消登録完了の翌月分から、既に支払い済みの自動車税が還付されます。

所有者が亡くなったときの廃車方法

ご家族が亡くなり、所有者がいなくなった場合でも、自動車を廃車することはできます。
所有者は亡くなっているため、代理人が廃車の手続きをすることになるはずです。以下の書類を準備して、 親族の誰かが運輸支局で廃車の手続きをしてください。

必要書類
車検証の原本
廃車の申請をする方の免許証のコピー
ナンバープレート(2枚)
戸籍謄本(亡くなった所有者と依頼者の親族関係を証明するため)
除籍謄本(所有者が亡くなったことを証明するため)
※戸籍謄本に所有者が亡くなっていることが記載されていれば不要。
廃車手続きをする親族の方の印鑑証明1通(発行から3ヶ月以内のもの)
印鑑証明書と同じ実印(委任状に押印するため)
遺産分割協議書

この中でも、準備に手間がかかるのが「遺産分割協議書」です。これは相続権のある人全員の印鑑証明と 実印が押されていなければなりません。
自動車は財産としても、非常に価値があるため、個人の判断だけでは廃車にできないようになっているのです。
上記の全ての書類が準備できたら、改めて運輸支局に行き、廃車の手続きを済ませてください。


   運輸支局手続き時に必要な書類をダウンロードできます。ご自由にお使い下さい。書類を閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
  • 【委任状】
申請手続きを第三者へ委任する時に必要です。

クリックしてダウンロードして下さい。。。


  • 【譲渡証明書】
自動車を譲渡する時に必要です。

クリックしてダウンロードして下さい。。。


  • 【申請依頼書】
軽自動車の申請手続きを第三者へ委託する時に必要です。

クリックしてダウンロードして下さい。。。


  • 【住所変更】
車検証と印鑑証明書の住所に変更がある場合は、住民票や戸籍附票等が必要となります。それらの書類でも住所が繋がらない場合は、登録から5年以上経っている場合のみ理由書へ住所変更記録を記載し手続きを行う事ができます。

クリックしてダウンロードして下さい。。。


  • 【車検証紛失・盗難】
車検証を紛失や盗難でなくしてしまった場合は、理由書を付けて再発行手続きを行わないといけません。

クリックしてダウンロードして下さい。。。


  • 【遺産分割協議書】
所有者が亡くなっているお車を他の方に譲渡して、 中古車として再利用する場合にのみ使用します。 相続人の方全員の印鑑証明書を下記の『遺産分割協議書』が必要です。 これにより、次の所有者に車を引き渡すことが出来ます。

クリックしてダウンロードして下さい。。。


  

  Copyright © 2010 - Recycle Factory - All rights reserved.
Designed by MK7 Advertising Agency
˃˃ リサイクルファクトリーTOPヘ